頑張れという言葉はかけないで、焦らせないことが大切です

新型うつとは

うつの新しいものとして新型うつがあります。新型うつも近年ではその存在が社会的にも浸透してきており、正しい接し方も登場してきています。まずは新型うつに対する知識が大切です。

詳細を確認する

うつ病の知識

うつ病の患者と接する時は正しい知識が必要になります。この知識なしで接してしまうと間違った接し方をすることにもつながり、症状を悪化させてしまうこともあります。まずは正しい認識が重要です。

詳細を確認する

新型うつの接し方

近年、仕事のストレスが原因で多くの人が発症しているうつ病の治療をしているクリニックがここにあります。

うつ病の接し方を学びたい方はコチラのサイトを参考にしてみてください。うつ病に関するお役立ち情報満載のサイトですよ。

時には激励する事も大切

今、新しいタイプのうつ病が、広まりつつあります。 そのうつ病とは「新型うつ」です。 新型うつは従来のうつ病と違い、甘えと取られてしまいがちです。 ですが、本人には辛い症状が出ている為、周りの接し方が大変重要になってきます。 新型うつの患者への接し方は、まず今までのうつ病と同じように、最初は「頑張れ」など励まさないようにしましょう。 ですが治療で症状が改善し、医師から復職などを進められた場合、接し方は変わってきます。 新型うつの場合、症状が良くなってきても、会社や学校に行きたがらないケースも多いようです。 このような時は、「頑張って行ってみよう」と、背中を押してあげましょう。 ですが、日頃から信頼関係が築かれていなければ、このように応援してしまうと、患者に受け入れてもらえません。 ですので、まずは信頼関係を築く事が大切です。

家族も一緒にカウンセリングを

新型うつはここ10年から20年ほどで、広まってきた新しいタイプのうつ病と言われています。 新型うつにかかりやすいのは、20代から30代の若い世代です。 自分の好きな事ややりたい事はできるのに、仕事など嫌な事になると、体調不良や精神的に落ち込んでしまう為、周りからは「甘え」といわれてしまいがちです。 ですが、新型うつは病気ですので、家族などの周りはそれを頭に入れて、接する事が大切です。 新型うつを発症すると、少しの事でも感情的になってしまうケースが、多いと言われています。 ですから接し方としては、周りが感情を抑え客観的に状況などを伝えましょう。 また最近は家族も一緒にカウンセリングを、受けるケースが増えています。 患者と一緒にカウンセリングを受ける事で、接し方のヒントになるかもしれません。

うつ病への接し方でやってはいけないこと

うつ病は本人のモチベーションや頑張りで解決するものではなく、「心の病気」なのです。 もしかして、自分はうつ病かもと感じたら専門医に相談に行く、家族や親しい間柄の人なら診断を薦めてみることが必要です。 しかしながら、誤った接し方や強引なアプローチが悪化を招くことがしばしばあります。うつ病の人の自殺、犯罪、精神的物理的な極度の依存症など、重大な事象を引き起こす可能性があるのです。 うつ病になった方への接し方で、絶対にやってはいけないことが幾つかあります。 一つは「励まし」。 過剰な激励の言葉や「がんばって」という一言さえも刃になって突き刺さることがあります。 二つ目は「理解したという態度」。 あなたの事は判っている、という言動はうつの症状にとって辛いものです。当人にとっても判らないことを知ったかぶりされているような嫌な気がします。 三つ目は「解決しようとする」。 外部からの解決は強要となるので効果がありません。 四つ目は「責める」。 どうしてうつになってしまったのか、どうしてあなたがという言葉は禁句です。

若者に増える非定型うつ症状

近年は、うつ病やうつ症状についての理解も広まり、受容されるようになってきました。社会的認知の高まりはうつを予防し、悪化を食い止めることにも役立ちます。 一方で、若年層に非定型うつ病が増加している傾向にあります。 不規則な生活、インフラ発達の利便性による運動不足など、様々な原因が挙げられています。 SNSの普及などによってバーチャルでは話せるけれども、対面での接し方がわからない、学校や職場での人間関係をうまく築けないことからうつ症状に陥るといった、現代ならではの要因もあります。 また、非定型うつ症状は、常に現れているわけではありません。 一時的に気分が良かったり、職場では真面目に働いていたり、ぱっと見では非常に判り難いものです。 いずれにしても、自己診断、自己療法は危険です。 周囲の方が気付かれた時も、接し方に気を付けて、うつ症状と思われる方の意思を尊重してあげることが重要です。

うつ病と聴き手

うつ病患者との接し方は正しい知識が必要になります。特に言動は気をつけるべきで不要な励ましや過度な気遣いなどはするべきではないでしょう。聴き手上手になるのがいいとされています。

詳細を確認する

うつ病と励まし

うつ病はストレスが起因して症状が起きます。脳障害によっておこるため本人としてはどうしようも出来ず、過度な励ましなどの接し方をしてしまうとかえって逆効果になることもあります。

詳細を確認する

うつ病の効果的な治療

うつ病になった時は正しい知識と治療方法で治療を行うことが大切になってきます。治療以外にも周りからの接し方も重要になり、全てが合わさって効果的な治療ができる事になります。

詳細を確認する

TOP