頑張れという言葉はかけないで、焦らせないことが大切です

うつ病の知識

うつ病について正しい知識を持ちましょう

家族や友人の様子が最近おかしい、元気がないと感じた時、なんとか救い出したいという気持ちになるものです。しかし、良かれと思ってアドバイスしたつもりが相手の方をさらに苦しめてしまうことにもなりやすいのがうつ病とも言えるのです。弱音を吐いていると捉えて、叱咤激励したり気安く解決策を提示したりすることで、うつ病の方をさらに追い詰めてしまうことも考えられます。うつ病の方との接し方で大切なことは、まずは病気について勉強し正しい知識を持つことです。そして、適切な治療を受けさせることも必要なことです。一人でうつ病の方をサポートしようとすることは、双方にとってあまり良いことではないでしょう。専門家の助けを借りることも正しい接し方の一つであると言えるでしょう。

間違った接し方をしないために

うつ病にかかった時にかかる病院は精神科や心療内科になります。治療方法として薬を用いることは一般的ですが、薬に対して抵抗がある方もいるでしょう。また、うつ病への理解が足りない方の中には軽い気持ちで投薬治療に対して批判をしてしまう方もいるでしょう。周囲の接し方はうつ病の方にとって大きな影響を与えることはよくあるものです。前向きな治療を行うためにも接し方には十分気をつけましょう。通院して治療することで、間違った接し方をしたがためにますますうつ病が悪化してしまうといったことを避けることもできるでしょう。また、体質の関係で薬が飲めないという方の場合は、カウンセリング中心に対応していくといったことも考えてみると良いでしょう。