頑張れという言葉はかけないで、焦らせないことが大切です

うつ病と聴き手

うつ病の方に接するときの注意点

身近な人がうつ病になってしまった場合、どのように接すればいいのでしょうか。接し方がわからず、戸惑ってしまう人も多くいますが、心の病には身近な人の存在が大切です。ですが、闇雲に話しかければいいというわけではありません。話の内容によっては逆効果になってしまうこともあるので、接し方を考えることが大切です。また積極的に話しかける接し方よりも、うつ病の方の話をよく聞いてあげるということも大切です。大切なのは、話を聞いて理解してあげるということです。自分の話を聞いて理解し、共感してくれる人の存在が大切です。つまり、実際にうつ病の方に接する場合には、聞き上手になるということが大切です。では聞くだけではなく、話しかける場合には、どのような内容がいいのでしょうか。

話しかける時は何を言えばいいのか

うつ病の方に話かける時のポイントの一つが、叱咤激励はしないということです。相手のために良かれと思って叱咤激励をしていても、接し方によっては相手を追いつめてしまうこともあります。ですが、全く励まさないのではなく、相手に希望を与えることも必要です。言葉の選び方一つで、効果がプラスにもマイナスにもなるからこそ、どのような言葉を選べばいいのか知っておくことが大切です。うつ病は不治の病というわけではなく、治る病気です。治る可能性があるからこそ、うつ病の方の不安を和らげてあげる言葉をかけてあげることも大切です。「きっとよくなる」そのような言葉一つでも、相手の不安を解消し、希望を生み出すことが可能なのです。